NAPA WINERY

サンフランシスコの北に位置するナパバレーでは、1850年代からワイン用のブドウ栽培が行われた。そもそもは1848年に、現在のカリフォルニア州の州都でもあるサクラメント近郊で見つかった、砂金によるゴールドラッシュが契機と言われており、1890年代にはおよそ100軒のワイナリーがあった。現在では700軒以上ものワイナリーが点在しており、少量生産ながら非常にクオリティーの高いワインを生産しているところが多い。ちなみにナパという言葉は、ネイティブアメリカンの言葉で「豊かな土地」を意味する。

カリフォルニア州車両登録:TCP 20672

sales@vipgolfandresort.com

  • c-blogger
  • c-facebook
Robert Mondavi Winery

カリフォルニアワインの父と言われるロバート・モンダビによって1966年に設立されたナパを代表するワイナリーのひとつ。スペイン宣教師が建てるミッション(伝道所)スタイルの建物が非常に印象的。ナパを訪れたらとりあえず訪れておきたいワイナリーか。

Go to link