NAPA WINERY

サンフランシスコの北に位置するナパバレーでは、1850年代からワイン用のブドウ栽培が行われた。そもそもは1848年に、現在のカリフォルニア州の州都でもあるサクラメント近郊で見つかった、砂金によるゴールドラッシュが契機と言われており、1890年代にはおよそ100軒のワイナリーがあった。現在では700軒以上ものワイナリーが点在しており、少量生産ながら非常にクオリティーの高いワインを生産しているところが多い。ちなみにナパという言葉は、ネイティブアメリカンの言葉で「豊かな土地」を意味する。

カリフォルニア州車両登録:TCP 20672

sales@vipgolfandresort.com

  • c-blogger
  • c-facebook
Darioush

イラン出身のダリアッシュ氏はカリフォルニアに移住後、スーパーマーケットのビジネスで成功を収めるとともに、長年の夢であったワインビジネスへ乗り出します。ワイナリーは古代ペルシャ様式をモデルとした建物として有名なだけでなく、一流のクオリティーを追及したいというオーナーの意思が色濃く反映されたワインを醸造している。

Go to link